act beyond trust - 一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト

公正で持続可能な社会づくりをエンパワーする - empowering actions for just and sustainable society

Future Dialogue 第5回のお申し込み

Future Dialogue
第5回 2022年7月3日(日)
じっくり知りたい、ネオニコ系農薬問題の重要論点と日本の農薬規制のあり方

もっともよく用いられるネオニコチノイド系農薬は、近年ヒトを含む生物への影響が明らかになりつつあります。2021年11月にTBS「報道特集」で放送された内容は、YouTubeに公開後数ヶ月で150万回再生されるほど、人々の関心が高まっています。番組に対しては、農薬メーカーなどがつくる業界団体が反論を掲載し、さらに研究者がその見解の誤りを指摘するなど、多方面に影響を及ぼしています。

消費者も「安全」「危険」という結論だけに振り回されないよう、その根拠や論点を理解することが大切ですが、専門的な内容を消化するのは容易ではありません。そこで、ネオニコチノイド系農薬がヒトを含む生き物や環境にどのような影響をもたらすのかという知見について、それらがどんな研究によって導かれたのか、研究者から改めてじっくりお話を聞く場を設けます。さらに、日本における安全基準の決定方法や情報公開などの問題点を踏まえ、農薬規制のあるべき姿について研究者とともに議論を深めます。

  • 日時  :2022年7月3日(日)14:00~16:00
  • 開催形態:zoomによるオンライン方式
  • ゲスト :山田敏郎(金沢大学名誉教授)、星信彦(神戸大学大学院農学研究科教授)、平久美子(医師・ネオニコチノイド研究会代表)
  • 申込方法:下記「お申し込み」ボタンからお申し込みください。
    イベント1週間前をめどに、ご記入いただいたメールアドレス宛に参加方法をお送りします。
  • 申込締切:6月30日(木)17:00
  • 参加費 :無料
  • 主催  :一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(abt)、NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
【プログラム(仮)】
  • 14:00~14:05 主催者あいさつ(5分)
  • 14:05~14:15 問題点の整理(10分)
  • 14:15~14:30 研究者からの発表(1)(山田敏郎/金沢大学名誉教授)
  • 14:30~14:45 研究者からの発表(2)(星信彦/神戸大学大学院教授)
  • 14:45~15:00 研究者からの発表(3)(平久美子/医師・ネオニコチノイド研究会代表)
  • 15:00~15:45 ディスカッション(45分)
  • 15:45~15:55 質疑(10分)
  • 15:55~16:00 お知らせ(5分)
  • 16:00~16:05 閉会あいさつ(5分)
【プロフィール】

山田敏郎/金沢大学名誉教授
職歴:1973年東洋紡㈱入社。1995年金沢大学工学部教授。2012年金沢大学大学院自然科学研究科物質科学専攻長。2014年金沢大学名誉教授。
専門分野:化学工学、高分子工学、養蜂(趣味)。
受賞歴:プラスチック成形加工学会論文賞受賞(1993年、2012年)。東洋紡績㈱社長賞受賞(2004年)。金沢大学大学院自然科学研究科優秀貢献賞受賞(2008年)ほか。
現在、abt助成金選考委員ほか。

星信彦/神戸大学大学院農学研究科教授
北海道大学大学院獣医学研究科博士課程修了。医学博士、獣医学博士。北海道大学医学部助手、米国ペンシルベニア大学医学部客員研究員、北里大学獣医学部助教授を経て2004年4月より現職。専門は、動物分子形態学、分子細胞遺伝学、環境分子遺伝学。環境ホルモン学会理事、日本先天異常学会評議員、日本解剖学会評議員、日本獣医学会理事及び評議員、関西出生前診療研究会世話人、関西実験動物研究会評議委員等。著書論文多数。

平久美子/医師・ネオニコチノイド研究会代表
専門は麻酔科学、臨床環境医学。東京女子医科大学第二病院(現同大学附属足立医療センター)麻酔科で心電図研究を始めて間もない2001年、日本臨床環境医学会で群馬県の青山美子医師と米国の藤岡一俊博士に出会い、環境農薬中毒研究を開始。以後、多数の共同研究者とともに環境ネオニコチノイド中毒の発見、病態解明、国際共同研究に携わり論文多数。ネオニコチノイドをはじめとする化学合成農薬のヒトへの危険性を訴え国内外で講演活動中。