act beyond trust - 一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト

公正で持続可能な社会づくりをエンパワーする - empowering actions for just and sustainable society

RSS Feed

助成先活動情報

ミツバチと農薬についての院内学習会開催 ――最新の実験結果からみるネオニコ系農薬とミツバチ
【国際環境NGOグリーンピース・ジャパン】

(以下、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンのサイトより要約転載)

9月16日、衆議院第二議員会館で、ミツバチと農薬についての院内学習会が開催されました。講師は、ネオニコとミツバチの影響を研究する山田敏郎さん(金沢大学名誉教授)と、ベテラン養蜂家の依田清二さん(長野県養蜂協会会長)です。

山田先生からは様々な実験結果が紹介され、ネオニコ農薬を実際の水田周辺と同様の濃度でミツバチに与えると大量死が始まった例や、有機リン系農薬を与えた場合よりもネオニコ系農薬の方が全滅する時期が早いなど、ミツバチに与える影響の大きさが報告されました。また、日本ではミツバチの大量死が、調査方法のトリックにより「ない」ことになっているという実体も指摘されました。

ミツバチとネオニコの研究者が語る、ネオニコ禁止が必要な理由とは
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/54219/

投稿日時 : 2015年10月6日 6:56 PM
カテゴリ : 助成先活動情報