fv_top_neonico_pc
fv_top_eastasia_pc
fv_top_neonico_sp
fv_top_energy_sp
fv_top_eastasia_sp

公正で持続可能な社会づくりをエンパワーする

empowering actions for just and sustainable society

PICK UP

今年度は4件の企画が一次選考を通過しました。申請者による公開プレゼンテーションを行います。

うっかり躓(つまず)きやすい技術的な問題点から、文章を書く上での心得まで、2週間ごとに全10回前後の連載予定です。どうぞお楽しみに!

「abt news」は助成先情報やイベント情報をお届けします。ご登録はこちら

一般社団法人
アクト・ビヨンド・トラストとは

「ネオニコチノイド系農薬問題」「エネルギーシフト」「東アジア環境交流」の3部門を柱に、自然環境と人間生活の調和をめざした市民活動を支援する独立の民間基金として、問題解決のための具体的・効果的・創造的なアクションを重視し、資金援助、コンサルティング、技術および人材提供、トレーニングなどを行なっています。

ネオニコチノイド系農薬問題

1990年代に登場し、害虫防除に大量に用いられるようになったネオニコチノイド系農薬。神経…

エネルギーシフト

2031年、東日本大震災の年に生まれた子どもたちは成人式を迎えます。そのとき日本は、豊か…

東アジア環境交流

空と海でつながり、国境を越えた環境課題と文化的共通性の多い東アジアで、市民同士が自然と…

お知らせ

  • 好評連載「NGOの文章術」第4回を公開しました

    abtの代表理事を務め、作家・翻訳家としても知られる星川が、前職の国際環境NGOグリーンピース・ジャパン事務局長時代とabtとを通して20年近く、著述のプロとして対外文書・内部文書のチェック役を続けた

  • 好評連載中の「NGOの文章術」に推薦コメントをいただきました

    第1回「言葉の森を守る」 第2回「知ってか知らずか」 第3回「読み手の海へ漕ぎ出す」 第4回「アルゴリズム支配に縛られない」

  • 3/20(水・祝)2024年度abtネオニコ公募2次選考会公開プレゼンテーション

    2024年度「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」一次選考通過案件の公開プレゼンテーションをオンラインで開催します。研究者から各地で活動する市民団体まで、今年度もさまざまな切り口の取り組みが揃いました

  • 継続寄付者のインタビュー紹介

    abtサイトでは、ご寄付いただいた方からの応援メッセージを掲載しています。本日はその一部をご紹介しましょう。 応援メッセージをくださった上原幸子さんは、NPO法人砧・多摩川あそび村の理事長だけで

  • 新連載「NGOの文章術」第3回を公開しました

    abtの代表理事を務め、作家・翻訳家としても知られる星川が、前職の国際環境NGOグリーンピース・ジャパン事務局長時代とabtとを通して20年近く、著述のプロとして対外文書・内部文書のチェック役を続けた

助成先活動情報