act beyond trust - 一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト

公正で持続可能な社会づくりをエンパワーする - empowering actions for just and sustainable society

RSS Feed

ネオニコチノイド系農薬問題とは?~情報・資料集~

資料集(図・表・参考文献)

ネオニコチノイド系農薬全国出荷量(tまたはkL)

出典:国立環境研究所環境リスク研究センター「化学物質データベース」
 

現在日本で市販されているネオニコチノイド系農薬例

画像クリックで拡大表示


出典:『新農薬ネオニコチノイドが脅かすミツバチ・生態系・人間』NPO法人代ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
 

ネオニコチノイドの半減期

出典:van der Sluis JR, IUCN Tokyo Forum on Systemic Pesticides (2012)
 

ネオニコチノイドの毒性比較

出典:http://www.bijensterfte.nl/images/Bonmatin-conclusions-sentinelle-gb-2009.pdf
 

ネオニコチノイドの残留基準

 

ネオニコチノイド1日摂取許容量(mg/kg体重/日)

出典:http://no-neonico.jp/pdf/binran.pdf
 
 


参考文献リスト
注:海外論文の日本語タイトルは仮につけたものです。

生態系への影響
 

  1. Goulson D (2013) An overview of the environmental risks posed by neonicotinoid insecticides.(ネオニコチノイド系農薬による環境へのリスクの概要)Journal of Applied Ecology doi 1111/1365-2664.12111
    » https://www.sussex.ac.uk/webteam/gateway/file.php?name=goulson-2013-jae.pdf&site=411
     
  2. © UNEP (2010) Emerging Issues: Global Honey Bee Colony Disorder and Other Threats to Insect Pollinators.(新たな問題:世界的な蜂群障害とその他の昆虫受粉媒介者への危険)
    » http://www.unep.org/dewa/Portals/67/pdf/Global_Bee_Colony_Disorder_and_Threats_insect
     _pollinators.pdf

     
  3. Tasaka K (2012) Neonicotinoids and the Rice Plant Hopper Outbreak in Asia.(ネオニコチノイドとウンカの大発生) IUCN Task Force Symposium presentation
    » http://www.actbeyondtrust.org/wp-content/uploads/2013/07/IUCN2013sympo05_tasaka.pdf
     
  4. Van Dijk TC et al. (2013) Macro-Invertebrate Decline in Surface Water Polluted with Imidacloprid.(イミダクロプリドで汚染された地表水での大型無脊椎動物の減少)PLoS ONE 8(5): e62374. (2013) doi:10.1371/journal.pone.0062374
    » http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0062374
     
  5. Van der Sluijs JP (2013) Neonicotinoids, bee disorders and the sustainability of pollinator services.(ネオニコチノイド、ハチの障害と受粉媒介サービスの持続性)Cur Op in Env Sust 5(3-4); 293-305
    » http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1877343513000493
     
  6. アメリカ鳥類保護協会
    「The Impact of the Nation’s Most Widely Used Insecticides on Birds」(2013)
    » http://www.abcbirds.org/abcprograms/policy/toxins/neonic_final.pdf
     
  7. Tokumoto J(2013) Effects of exposure to clothianidin on the reproductive system of male quails.(クロチアニジン曝露の雄ウズラの生殖系への影響)J Vet Med Sci 75(6):755-60
    » http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23358514
     
  8. Fishe FM. PI-80 Pesticide Toxicity Profile: Neonicotinoid Pesticides.(農薬毒性プロファイル:ネオニコチノイド系農薬)University of Florida, IFAS Extention PI80-83
    » http://edis.ifas.ufl.edu/pdffiles/PI/PI11700.pdf
     
  9. Mondal S. et al (2009) Effects of acetamiprid on immune system in female wistar rats.(アセタミプリドの雌ウィスターラットの免疫システムへの影響)Proc Zoolog Soci 62(2), 109-117
    » http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs12595-009-0012-6#page-1
     
  10. Gu YH et al. (2013) PLoS One. Reproductive effects of two neonicotinoid insecticides on mouse sperm function and early embryonic development in vitro. (ネオニコチノイド系殺虫剤2種類がマウスでの精子機能および早期の胎児発達に起こすin vitroの生殖系影響)29:8(7). e70112
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23922925
     
  11. Abou-Donia MB et al (2008) Imidacloprid induces neurobehavioral deficits and increases expression of glial fibrillary acidic protein in the motor cortex and hippocampus in offspring rats following in utero exposure.(イミダクロプリドの子宮内曝露は神経行動障害を引き起こし、子ラットの運動野および海馬のグリア繊維酸性タンパク質を増加させる)J Toxicol Env Health A 71(2): 119-30
    » http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18080902
     

人体への影響
 

  1. 黒田洋一郎&木村-黒田純子(2013)「自閉症・ADHDなど発達障害増加の原因としての環境化学物質――有機リン系,ネオニコチノイド系農薬の危険性(上)」, 科学83(6), 0694-0708 (2013)
    » http://www.actbeyondtrust.org/wp-content/uploads/2012/02/Kagaku_201306_Kimura_Kuroda.pdf
    木村-黒田純子&黒田洋一郎(2013)「自閉症・ADHDなど発達障害増加の原因としての環境化学物質――有機リン系,ネオニコチノイド系農薬の危険性(下)」, 科学83(7), 0818-0832
    » http://www.actbeyondtrust.org/wp-content/uploads/2012/02/Kagaku_201307_Kimura_Kuroda.pdf
     
  2. 平久美子 (2012) 「ネオニコチノイド系殺虫剤の人への影響―その1:物質としての特徴、人における知見―」臨床環境,21:24~34,2012
    平久美子 (2012) 「ネオニコチノイド系殺虫剤の人への影響―その2:薬理学的特長、使用状況、規制、考察―」臨床環境,21:35~45,2012
     
  3. Ping L. et al (2011) Activation and modulation of human α4β2 nicotinic acetylcholine receptors by the neonicotinoids clothianidin and imidacloprid. (ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンとイミダクロプリドによるヒトα4β2ニコチン性アセチルコリン受容体の活性と変化)J Neurosci Res. 89(8): 1295-1301
    » http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3668458/
    一日摂取許容量:農林水産省「健康に影響しない農薬の量とは?」
    » http://www.maff.go.jp/j/fs/f_nouyaku/005.html
    薬物残留基準:厚生労働省「食品中の残留農薬等」
    » http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/zanryu/
     
  4. Ford & Casida (2006) Chloropyridinyl neonicotinoid insecticides: diverse molecular substituents contribute to facile metabolism in mice. (クロロピリジニル系ネイオにコチノイド系殺虫剤:幅広い置換分子がマウスの代謝を安易にする)Chem Res Toxicol 19: 944–951.
    http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/tx0600696
     

ネオニコチノイド系農薬の問題にどう取り組むか

【abt速報】EU、ネオニコチノイド系農薬3物質の暫定使用禁止措置を正式決定!
» http://www.actbeyondtrust.org/info/850/

【abt速報】EU、浸透性農薬フィプロニルも使用規制へ!
» http://www.actbeyondtrust.org/info/971/

米国環境保護庁、ネオニコチノイドのハチに対する有害性表示を義務づけ
» http://www.actbeyondtrust.org/wp-content/uploads/2013/08/abt20130826.pdf

「環境と開発に関するリオ宣言」
(和訳)
» http://www.env.go.jp/council/21kankyo-k/y210-02/ref_05_1.pdf
(原文)
» http://www.unep.org/Documents.Multilingual/Default.asp?documentid=78&articleid=1163

「環境基本法」
» http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H05/H05HO091.html
#1000000000002000000004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

NHKクローズアップ現代「謎のミツバチ大量死 EU農薬規制の波紋」
» http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3401_all.html

みつばちの里HP
» http://bee-garden.jp/
 

その他(ネオニコチノイド系農薬問題一般)

【参考文献】

【書籍】
『ハチはなぜ大量死したのか』ローワン・ジェイコブセン(文藝春秋)
『新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす』水野玲子(七つ森書館)
『虫がいない 鳥がいない』久志冨士男+水野玲子(高文研)

【雑誌記事】
「ミツバチの警告(上)――疲弊し大量死する働きものたち」 岡田幹治 月刊『世界』2010年11月号
「ミツバチの警告(下)――本当に「理想の農薬」なのか」 岡田幹治 月刊『世界』2010年12月号
「農薬ムラ――有害「ネオニコ系」を野放し」 横田一 月刊『選択』2013年4月号
「本当に危ないのは「国産農作物」――健康を脅かす甘い残留農薬基準」 月刊『選択』2013年8月号
「北海道産米は本当に安全か――知られざる「農薬漬け」の実態」 月刊『選択』2013年10月号
「農薬の“ドサクサ”規制緩和で子どもが危ない」 横田一 週刊朝日2013年7月12日号掲載
「ネオニコを野放し、『農薬ムラ』の実態」 横田一 季刊Alterna2013年7月号掲載
「Vanishing Bee」 丹羽理 月刊『世界』2013年8月号巻頭写真
「新農薬ネオニコチノイドはミツバチの大量死を引き起こす」 山田敏郎 現代化学 2013年10月号 No. 511 54-59p

【新聞記事】
「蜂蜜からネオニコチノイド系農薬 ハチに悪影響」 琉球新報 2013年8月18日 
「国産蜂蜜に農薬成分 愛媛大分析 ハチへの影響懸念 人には安全」 中国新聞2013年8月19日朝刊
「ネオニコチノイド系農薬 国産蜂蜜から検出」 東京新聞 8月19日朝刊
「ミツバチどこへ消えた? 農薬が原因か EUで規制も」 日本経済新聞記事 2013年8月18日
「ネオニコチノイド系農薬が原因か?ミツバチの蜂群崩壊症候群(CCD)の謎」 The Huffington Post 投稿日: 2013年06月18日
「農薬でミツバチ群れ消滅? 金沢大のグループ「帰巣本能だめに」」 毎日新聞 6月17日

【参考ウェブサイト】
一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト
» http://www.actbeyondtrust.org/
  - 浸透性農薬に関するIUCN東京フォーラム(2012)
  » http://www.actbeyondtrust.org/iucn-tokyo-forum-120902/
  - 浸透性農薬に関するIUCN東京シンポジウム(2013)
  » http://www.actbeyondtrust.org/iucn-sympo-2013/
  - アドボカシーカフェ「ねねね、ネオニコチノイドってなあに?」(全5回/2012)
  » http://neonico.org/
  - 欧州環境庁報告書 *Late lessons from early warnings: science, precaution, innovation*(2013年版)
  「種子処理用浸透性農薬とミツバチ: 化学物質のリスクをめぐる論争の民主的統御における挑戦」の章+バイエ
  ル社との紙上対論
  » http://www.actbeyondtrust.org/wp-content/uploads/2013/05/LL2_20130430.pdf

NO!ネオニコ――子どもとミツバチのいのちを守る
» http://no-neonico.jp/
  - ネオニコチノイド系農薬参考文献リスト
  » http://no-neonico.jp/pdf/sankoubunken.pdf
  - 『コーティング処理された種子から苗の葉の露滴へ、ネオニコチノイド系殺虫剤の移行――ミツバチにとって
  の新たな中毒経路』V. Girolami他(2009年)
  » http://no-neonico.jp/pdf/honyaku1.pdf
  - 「シエラ・クラブは EPA に対しニコチン系 殺虫剤の暫定禁止を求める」(2008年7月31日プレスリリース)
  » http://no-neonico.jp/pdf/honyaku3.pdf
  - 『ネオニコチノイド系殺虫剤のマルハナバチ/ミツバチおよび非標的無脊椎動物に対する影響』ヴィッキー・
  キンデンバ(2009年)
  » http://no-neonico.jp/wp-content/uploads/2012/03/honyaku5.pdf
  - 『曝露時間の関数としての毒性――ネオニコチノイド系殺虫剤とその影響のリスク・プロファイル』ヘンク・
  テンネケス(2011年)
  » http://no-neonico.jp/pdf/honyaku7.pdf

NPOダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
» http://kokumin-kaigi.org
  - 『新農薬ネオニコチノイドが脅かすミツバチ・生態系・人間』NPOダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
  (2012年改訂版)
  » http://kokumin-kaigi.org/wp-content/uploads/2011/03/Neonicotinoid2012-11.pdf

銀座ミツバチプロジェクト
» http://www.gin-pachi.jp/

反農薬東京グループ
» http://home.e06.itscom.net/chemiweb/ladybugs/index2.htm

『虫たちが消えた島―長崎県の島々から』オルタナ・オンライン(2012年1月)
» http://www.alterna.co.jp/8142

Pettis JS. (2012) Pesticide exposure in honey bees results in increased levels of the gut pathogen Nosema.(ハチの殺虫剤曝露は腸内病原菌ノゼマを増加させる)Naturwissenschaften, 99 (2), 153-158
» http://www.springerlink.com/content/p1027164r403288u/fulltext.html

IMIDACLOPRID – RISK CHARACTERIZATION DOCUMENT ―DIETARY AND DRINKING WATER EXPOSURE (イミダクロプリド― リスクの特徴―食物と飲水からの曝露)California Environmental Protection Agency, Department of Pesticide Regulation, 2006-02-09
» http://www.cdpr.ca.gov/docs/risk/rcd/imidacloprid.pdf

Kimura-Kuroda J et al. (2012) Nicotine-Like Effects of the Neonicotinoid Insecticides Acetamiprid and Imidacloprid on Cerebellar Neurons from Neonatal Rats.(ニコチンと類似したネオニコチノイド系農薬アセタミプリドおよびイミダクロプリドのラット新生児の小脳神経細胞への影響)PloS One 7(2): 1-11
» http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0032432

Aufauvre J et al (2012) Parasite-insecticide interactions: a case study of Nosema ceranae and fipronil synergy on honeybee.(寄生虫と殺虫剤の相互作用:ミツバチにおけるノゼマ原虫とフィプロニルの相乗作用のケーススタディー)Nature Scientific Report 2 (326) DOI: 10.1038/srep00326
» http://www.nature.com/srep/2012/120322/srep00326/pdf/srep00326.pdf

Stokstad E (2012) Field Research on Bees Raises Concern About Low-Dose Pesticides.(ハチの現地調査により低量の殺虫剤に懸念が持ち上がる)Science 335 (607): 1555
» http://www.sciencemag.org/content/335/6076/1555.summary

Penelope R et al. (2012) Neonicotinoid Pesticide Reduces Bumble Bee Colony Growth and Queen Production.(ネオニコチノイド系農薬はマルハナバチのコロニー成長および女王蜂を減少させる)Sicence 336 (6079): 351-352
» http://www.sciencemag.org/content/336/6079/351.abstract

Henry M et al. (2012) A Common Pesticide Decreases Foraging Success and Survival in Honey Bees.(一般的な農薬がミツバチの採餌成功よび生存を減少させる)Science 336 (6079): 348-350
» http://www.sciencemag.org/content/336/6079/348.abstract

Gill RJ, et al. (2012) Combined pesticide exposure severely affects individual- and colony-level traits in bees.(混合殺虫剤曝露は個体および群レベルのハチの特徴に顕著に影響する)Nature 000, doi:10.1038/nature11585
» http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature11585.html

Sborne JL (2012) Bumblebees and pesticides.(マルハナバチと殺虫剤)Nature, doi:10.1038/nature11637
» http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature11637.html?WT.ec_id=NATURE-20121025

Bal R. et al (2013) Effects of the neonicotinoid insecticide, clothianidin, on the reproductive organ system in adult male rats.(ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの雄ラット生殖器システムへの影響)Drug Chem Toxicol 36(4): 421-9
» http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23527526

「リベラル21」所収、岡田幹治氏寄稿シリーズ

ミツバチの警告―「新農薬」は生態系と人の健康を脅かす(2010.08.08)
その1 長崎県で起きていること
» http://lib21.blog96.fc2.com/blog-date-201008-25.html

ミツバチの警告―「新農薬」は生態系と人の健康を脅かす(2010.08.10)
その2 「農薬」という巨大利権システム
» http://lib21.blog96.fc2.com/blog-date-201008-22.html

ミツバチの警告―「新農薬」は生態系と人の健康を脅かす(2010.08.13)
その3 ネオニコ系新農薬の特徴とその影響(上)
» http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-1275.html

ミツバチの警告―「新農薬」は生態系と人の健康を脅かす(2010.08.14)
その3 ネオニコ系新農薬の特徴とその影響(下)
» http://lib21.blog96.fc2.com/blog-date-201008-18.html

経団連会長会社の看板商品に批判強まる(2012.11.30)
明らかになった「新世代農薬」の人体への深刻な影響
» http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2187.html#more

ネオニコチノイド系農薬とは何か(上)(2013.04.10)
使い勝手がよい半面、毒性が強い新農薬
» http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2331.html

ネオニコチノイド系農薬とは何か(下)(2013.04.11)
生態系やヒトに悪影響、EUでは規制が進む
» http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2334.html