act beyond trust - 一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト

公正で持続可能な社会づくりをエンパワーする - empowering actions for just and sustainable society

act beyond trust 10周年記念

公正で持続可能な社会づくりのこれからを考える連続企画

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(以下、abt)は、2020年末に設立10周年を迎えました。今年度はそれを記念し、「Future Dialogue――公正で持続可能な社会づくりのこれからを考える連続企画」と題した全4回のオンラインイベントを開催します。

abtは、設立当初から活動の指針として「公正で持続可能な社会づくりをエンパワーする」を掲げ、市民やNPO・NGOによる問題解決のためのアクションを応援してきましたが、環境問題の激化と人権侵害や貧困など格差の広がりが加速する今日、この理念はだれもが安心して暮らせる社会づくりには不可欠な指針だと再認識しています。

こうした中、連続オンラインイベントでは、「エネルギーシフト」、「ネオニコチノイド系農薬問題」、「東アジア環境交流」の3つの助成部門において、abtは今後どのような貢献ができるか、そして「公正で持続可能な社会づくり」のために何が必要かを、ゲストのみなさんとともに考えます。また並行企画として、過去10年間の助成先にインタビューを行ない、その活動ぶりを伝える「abtパートナーの現在地(仮題)」も連載します。

What’s New

Future Dialogue

第1回 7月31日(土)
市民と海でつながる東アジア~放射能汚染水海洋放出と近隣諸国の市民社会動向

福島第一原発からの放射能汚染水海洋放出をめぐり、日本国内だけでなく東アジア近隣諸国の市民からも強い懸念が表明されています。そこでFuture Dialogueの第1回は、FoE Japan事務局長の満田夏花さんをお招きし、汚染水処理をめぐる現状と問題点について解説いただくとともに、これまで「東アジア地球市民村」(2014~2015年度企画助成)の開催などに携わった中国出身の朱惠雯(Fancy/ZHU Huiwen)さん、台湾の脱原発を方向づけたNGO緑色公民行動連盟の元メンバー陳威志(TAN Uichi)さん、そして韓国在住で日韓市民社会交流に取り組み、現在はabt理事でもある曺美樹(CHO Misu)さんには司会・進行役も兼ねながら、東アジアの市民社会動向についてお話を伺います。助成部門に「エネルギーシフト」と「東アジア環境交流」を持つabtならではの視点でこの問題をとらえ、未来に続く対話の場を開きたいと思います。

※イベントは終了しましたが、下の「イベントレポート」からアーカイブ動画、文字起こし、発表資料などがご覧になれます。

イベントレポート

第2回 8月29日(日)
ネオニコチノイド系農薬はもういらない~子どもたちを守る最新研究とオーガニック給食

共催:NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)

ネオニコチノイド系農薬は、子どもの神経発達障害との関連など人体への影響が明らかになりつつあり、近年の研究では、母体が摂取したネオニコが胎盤を通過して胎児の体内に入ることも報告されています。海外では規制が進む中、日本ではようやく農薬取締法の改正(2018年)に伴う農薬の再評価が2021年から始まりますが、これにより規制が強化されるかは未知数です。

そこでFuture Dialogueの第2回は、ネオニコチノイド研究の第一線に立つ平久美子医師と有機米の学校給食を実現した千葉県いすみ市の職員・鮫田晋さんをお迎えし、平医師からはネオニコの人体影響最前線について、鮫田さんからは市民や行政による有機学校給食の普及についてお話しいただきます。また、お二人にabtメンバーを交えた対話の時間を設け、ネオニコを使用しない農作物やオーガニック食品をすべての人が享受できる公正な社会への転換についても考えます。

※イベントは終了しましたが、下の「イベントレポート」からアーカイブ動画、文字起こし、発表資料などがご覧になれます。

イベントレポート

第3回 10月16日(土)
気候変動と環境正義――世代と地域と経済の格差から

環境問題や気候変動は、人権侵害や民主主義をめぐる問題、格差などと密接に関わっており、そうした不公正さの是正に取り組む考え方は、「環境正義」(テーマ限定の場合は「気候正義」など)と呼ばれます。これらの概念は、環境問題や気候変動問題を考える上で重要なテーマであり、1990年代から政策課題に取り上げてきた米国では、現政権も公約の中に大きく掲げていますが、日本ではまだ耳慣れない言葉と言えるでしょう。

そこで、Future Dialogueの第3回は、探査報道に特化したジャーナリズムNPO「Tansa」の編集長・渡辺周さんと環境活動家の露木志奈さん、Fridays For Futureオーガナイザー冨永徹平さんをお迎えし、エネルギーと気候変動問題に的を絞って、日本と世界で環境正義をどう実現するかを対話いただきます。

※イベントは終了しましたが、下の「イベントレポート」からアーカイブ動画、発表資料がご覧になれます。

イベントレポート

第4回 12月4日(土)
公正で持続可能な社会のつくりかた
~SDGsと脱成長コミュニズムから資本主義を問う~

深刻化する格差と気候危機という二重苦を打開するために、現在の行きすぎた資本主義社会への思い切ったオルタナティブを提唱して話題を呼んでいる斎藤幸平さんと、農と環境の分野で先駆的な研究やNGO市民セクターでの発信を長年続けてこられた古沢広祐さんをお招きし、対話の場を設けます。

古沢さんが早くから指し示してきた“永続可能な発展”について、また斎藤さんが提唱する“脱成長のコミュニズム”について深掘りしながら、それらを実践的に裏づける活動例を取り上げるなど、環境正義が貫かれる社会への舵取りや、具体的なステップを探ります。

※イベントは終了しましたが、下の「イベントレポート」からアーカイブ動画、発表資料がご覧になれます。

イベントレポート

お問い合わせ
一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(担当 八木)
grant■actbeyondtrust.org ※■をアットマークに変えてください。

abtパートナーの現在地

2010年の発足から10年余りを経て、abtの助成先総数は70団体を超えました。そのうちのほんの一部になりますが、実施した活動のその後についてお話を伺いました。インタビュー内容は随時公開しますので、ぜひご期待ください。

【NPO法人河北潟湖沼研究所】
ネオニコフリー田んぼの広がりと、生物多様性を守る「生きもの元気米」の挑戦


【琉球大学 理学部(理工学研究科) 生物系 大瀧研究室】
福島原発事故後のチョウ研究から見えてきた「フィールド効果」


abt徒然草

abtのメンバーが日々感じたことを徒然に綴る「abt徒然草」(2017年から不定期でFacebookに投稿)と、八木晴花(助成実務担当/リサーチアシスタント)によるスピンオフ連載「絵本の中の生きものたち」を以下からお読みいただけます。

abt徒然草#22「沖縄のチョウ類研究家・宮城秋乃さんに対する不当捜査と重要土地調査規制法」(星川淳/代表理事)

abt徒然草#21「見えない人々を見る」(北畠拓也/アシスタント・プログラムオフィサー)

abt徒然草#20「コロナのお供に」(星川淳/代表理事)

abt徒然草#19「未来の民族誌を読む」(星川淳/代表理事)

abt徒然草#18「映画館のない島で」(星川淳/代表理事)

abt徒然草#17「森を傷つけない、循環型林業に取り組むNPOしんりんの皮むき間伐体験に行ってみた!」(河野美由紀/広報担当)

abt徒然草#16「Tokyo生きもの事情」(八木晴花/助成実務担当・リサーチアシスタント)

abt徒然草#15「在韓在日コリアンというもの」(曺 美樹〈CHO Misu〉/理事)

abt徒然草#14「わからない者は幸いである――蚊とカマドウマと黒ヒョウの話」(八木晴花/助成実務担当・リサーチアシスタント)

abt徒然草#13「環境キャリアから見えてきたもの(2)」(美濃部真光/理事)

abt徒然草#12「コスタリカの奇跡」(河野美由紀/広報担当)

abt徒然草#11「これでも戦争に行きますか?」(星川淳/代表理事)

abt徒然草#10「ご町内の密林から」(八木晴花/助成実務担当・リサーチアシスタント)

abt徒然草#9「石牟礼道子さんと縄文の思想」(河野美由紀/広報担当)

abt徒然草#8「瞬間戦とデトックス」(星川淳/代表理事)

abt徒然草#7「オオカミ梯子のお話」(八木晴花/助成実務担当・リサーチアシスタント)

abt徒然草#6「野生動物と暮らす」(河野美由紀/広報担当)

abt徒然草#5「一万年の旅路」と「グレートジャーニー」(星川淳/代表理事)

abt徒然草#4「幸せな亀と不幸な亀」(八木晴花/助成実務担当・リサーチアシスタント)

abt徒然草#3「環境キャリアから見えてきたもの(1)」(美濃部真光/理事)

abt徒然草#2「身近なものの来歴」(岸田ほたる/理事)

abt徒然草#1「他者を理解する」(河野美由紀/広報担当)

【連載】絵本の中の生きものたち

「絵本なんて子どもの読むもの…」と甘く見ていたらモッタイナイ。人間と生きものの関わりのさまざまなかたちや、生きものに託した表象の意味を、絵本を通じて考える連載です。モフモフしたかわいい愛玩動物だけではなく、嫌われ者のクモや昆虫だって、絵本のなかでは大活躍しています。悩むほどに頭の痛くなる環境問題に立ち向かう元気を補充できるような、ちょっとした息抜きになれば幸いです。

自由にあこがれて(1)『九月姫とウグイス』(1954)岩波書店/サマセット・モーム:作、光吉夏弥:訳、武井武雄:絵

自由にあこがれて(2)『ちいさな島』(1996)童話館出版/ゴールデン・マクドナルド:作、谷川俊太郎:訳、レナード・ワイスガード:絵

自由にあこがれて(3)『ねずみ女房』(1977)福音館書店/ルーマー・ゴッデン:作、石井桃子:訳、W・P・デュボア:絵

秘密のくらし(1)『パンダ銭湯』(2013)絵本館/tupera tupera:作

秘密のくらし(2)『あめがふるときちょうちょうはどこへ』(1974)金の星社/メイ・ゲアリック:作、レナード・ワイスガード:絵、
          岡部うた子:訳